• 定年男子のランとマネー

7月12日、猛威を振るう梅雨の豪雨の間を縫って、FP友達4人で山の辺の道を歩いてきました。

少し曇っています。のんびり歩きの始まりです。

近鉄大阪線桜井駅からJR線天理駅までの約17キロ(?)を、ただ歩くだけです。(笑)

何の花?

当日は曇り予想でしたが、気温も高くなく、風もあり、湿度も低めで、振り返ってみれば, 絶好のハイキング日和でした。

古墳の周りには池がたくさん!

雨の日が続いていたので、行合う人も少なくて、ほとんどマスクをする必要もないくらいの気持ち良いハイキングでした。

雨のあとで側溝の水の流れが速かった

目的は特になくて、ただ歩くだけですから、道に沿ってあまた存在する名所旧跡は、多少の寄り道はするものの、ほとんど素通りでした。

ひまわりの群生
鮮やかな緑

楽しんだのは、山の辺の道から見える風景と、四季の花々ですね。

蓮の花

僕は隆子さんと雑談を楽しみながら歩き、玲さんは保険つながりの同業者と仕事と業界の話をしながら歩いていましたね、

美しい蓮の花が一面に咲いていました

リラックスして、新型コロナ禍で蓄積したストレスを発散していたというわけです。(笑)

泥道

僕を除いて、皆さん自粛生活中はあまり運動していなかったらしく、天理に近づくほどに口数が減っていきました。(笑)

不気味な神社(笑)

そういうわけで、この後は、山の辺の道から見た風景を写真でご紹介することにします。

桧原神社から二上山
平等寺
昼食休憩したトレイルセンター
巻向遺跡
相撲神社
内田永久寺跡
天理駅、ゴールです!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA