• 定年男子のランとマネー

11月4日、ラン友さんに誘われて、大阪マラソンコースを全部走ってきました。

ふつう、マラソンでもトレランでも試走会というときは、全コースの半分くらいを走りますが、今回は全コースとのこと。

主催者に理由を聞くと、「分けて走るのは面倒くさいから」(笑)

でも真面目に聞くと、「全走して身体の状態を確認するため」だそうです。

大阪マラソンへの真剣さが窺われますね!

それを聞いた僕は、

(うわっ、ダメージテストか、大変やな!)

参加メンバーは僕を含めて7名ですが、聞いてみると、阿蘇120キロや信越110キロ完走者、9月に村岡ダブルフル88キロを走って10月に氷ノ山78キロを走ったという強者ばかりが参加するようです。

(まあ、半分走れたら上等やな)

というのは、どうも大腸ポリープを切除して以来、走ると下腹部に違和感があって、長い距離やスピード走では途中で歩いてしまうのです。

妻に言わせれば、「体力が落ちたんや」ということですが(苦笑)

さて、午前8時過ぎに大阪城公園駅近くのランステに着きました。

快晴で絶好のラン日和です。

8時半ごろには、強者たちが集まっています。

この日の大阪城公園は、大阪マラソンの「のぼり」がはためき、多くのランナーがコースの試走に出かけるべく集まっていました。

大阪マラソン盛り上げまっせ

実際に、午前9時に大阪府庁前から走り出したあとも、いくつかのグループを抜いたり抜かれたりしていましたね。

僕は今まで大阪マラソンは2回走っていますが、今回は大幅にコースが変更されたので試走会を主催したそうです。でも集まった7名中、実際に走る人は3名。

ご夫婦で参加の方は、ベテランの奥さんについて走るつもりのご主人(この方もサブ4ランナーですが)だけが当選してしまい、奥さんは応援場所探しのために(?)参加されたようです(笑)

さあ、スタートです

前半のコースは、平坦で走りやすそうです。

余裕の記念撮影

ビルが立ち並ぶ市街地ですが、歴史的建造物など景色も変化があって楽しめます。

第一回の休憩は「お団子屋」さん。

団子は絶品!

毎年、先着1000名に団子をふるまってくれるそうですが、新コースでは店前がエイドになるので、どうしようかな?と考えているそうです。

スポーツドリンクで店の前の道は、ベタベタになるそうですし。

昨年まではコースの目玉である御堂筋を2回走れたのですが、新コースでは1回です。

午前10時ごろの空いている間に、サーッと通り抜けるつもりでしたが、イベントの準備をしているらしく、歩道は資材の山と観光客(中国語が乱れ飛んでいましたね)でいっぱいでした。

主催者は人を縫って走っていきますが、後ろの僕たちは時々ぶつかりそうになりました。

途中の南御堂では、お寺の中でイベントをやっていました。

「恐竜乗り放題」と書いてあって、ステゴザウルスに乗って歓声を上げている子供たちがいたので、「私も乗りたい!」とメンバーの一人が近づいていきました。

「小学生以下やてー」

「そりゃ、無理あるわ!」

「何十年か前やなー」

仕方がないので、記念写真で満足することにしました。(笑)

なぜか真ん中を外して端っこより

前半はまずまずのペースで、皆さんの後ろから付いて行ったのですが、20キロを過ぎたあたりから、左の鼠径部が引きつるようになってきました。

このあたりで、子供の支援のために、ランナーに寄せ書きを頼んでいる人達にあって、みんなで寄せ書きをしました。

真剣に寄せ書きしています

大会当日は横断幕にしてランナーを応援してくれるようです。

僕は、「VIVA 大阪」と書きました。「マラソン」と書くスペースがなかった(笑)

寄せ書きで少し休んで楽になったのですが、鼠径部の違和感は治りません。

これが昨年末の鼠径ヘルニアの手術の影響なのか?10月の大腸ポリープ除去の影響なのか?、はたまた「単なる気のせい」なのかは分かりませんが、違和感は徐々に右の鼠径部から下腹部全体へ広がっていきました。

(まずいなー、やめようかなー)

地下鉄や環状線の駅を見るたびにリタイヤの想いが横切ります。

前を行く強者たちは、元気で隊列を組んで走っていきます。

ほかのチームの友達と写真撮影

僕は上り坂では走れなくなって、適度に歩いて、また走り出しました。

皆さんは、後ろの僕を気にしてくれていて、歩き出してしばらくすると、前の何人かが頭を振って振り向いてくれ、そのあと30秒くらいでみんなが歩き出します。

(待たせるのは悪いなあ、止めようかなあ)

それでも、あべのハルカスや通天閣を見ながら、なんとかついていきました。

大阪名物、通天閣

天王寺は生まれ育ったところなので、懐かしかったですね。

四天王寺は子供のころの遊び場でしたし、下寺町を走った時は菩提寺の前で手を合わせました。

でも上本町へ向かう上り坂でアウト。とぼとぼと歩き出しました。

長く待ってもらうのは申し訳ないので、息を整えると再び走り出して信号あたりで追いつくのですが、いつものように継続して走る力がどうしてもわいてこないで、また遅れて、そして気づいて待ってもらうことの繰り返しでした。

言い忘れましたが、新コースの後半部分は、やや単調なところがあります。(少し心折れるかも)

それに前半に比べて、微妙なアップダウンが結構あります。

前半で飛ばしすぎると、後半失速する人もいるでしょうね。

30キロくらいからは、思考能力もゼロに近くて、見失わないようについていくのが精いっぱいでした。結構寒かったので、これも少し堪えましたね。

こんなに身体に力が入らないのは、本当に久しぶりです。

あと5キロという地点で、大池橋から北上して鴫野を西に入り、大阪城公園に帰ってきました。

大阪城への坂を強者たちはダッシュで上がっていきました。

僕は当然歩きです。(笑)

でもみんなは坂の上の入り口で待っていてくれて、いかにも全員で走って帰城したような写真にしてくれました。

完走ムード

そこからまた離されたのですが、最後にゴールした僕を、皆さんは暖かく迎えてくれました。

感動のゴール(笑)

フルマラソン3時間台のランナーが多い中を、合計8時間(ランニング7時間)と、2倍以上付き合わせてしまいましたが、皆さんと笑顔でフィニッシュできました。

本当に感謝の一言です!

お決まりポーズ、お疲れ様でした

大阪マラソンを走る方々、頑張ってください!!

Garmin途中で電池切れ(涙)

(僕は出ませんけど 笑)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA