• 定年男子のランとマネー

新着情報

エンディングノート

エンディングノートや遺言の話をすると、お互いの年代にもよりますが「まだ早い」などと言って話題を変えてしまう人がいますね。 自分が死ぬことを考えるのは誰しも嫌なものですが、僕の過去のブログで「死ぬこと」について書いたことが …

続きを読む

リタイヤ後の医療保険

ある方から、リタイヤ後に医療保険は必要でしょうか?という質問を頂きました。 老後の3大課題である「お金・健康・孤独」のうち、お金と健康に関係する質問ですね。 では順を追って回答していきましょう。 まずこの質問を言い換えて …

続きを読む

キャッシュフローとライフプランの作成

「人生はお金」と割り切るのは、昭和世代には少し抵抗があるのですが、新型コロナ禍の終息が全く見えなくて、これまでにも増して将来が不確実になっている中では、お金=現金の重要性は増大しています。 「お金」、つまり金融資産はその …

続きを読む

スペイン年金請求顛末(最終通知)

7月末になってスペイン社会保険省から年金支給の通知が届きました。 スペインからの公式郵便は、郵便局の配達用紙に受け取り印を押印し、スペインの郵便局の配達用紙に日付と署名をするという面倒くさい受け取り方をします。 自宅に配 …

続きを読む

公的年金の受け取り方

ある方とお話していて言われたことがあります。 僕が当たり前と思っていることでも、知らない人がいるので、教えてあげてはいかがですか? 例えば公的年金の受け取り方とか・・・ 公的年金の自分に合った受け取り方には、いくつか前提 …

続きを読む

Ninjya Valley

One mostly cloudy day in July, my wife and I were walking along the Akame 48 Falls where is located at the wes …

続きを読む

アメリカ大統領選挙と民主党

国際政治学者である高橋和夫先生の近著「最終決戦 トランプvs民主党」を読了しました。 高橋先生は、僕の放送大学大学院修士課程の時のゼミの指導教官です。つまり恩師です。 高橋先生の視点はいつもユニークで、先見性に富んでいる …

続きを読む

無い袖は振れない

最近ネットニュースや週刊誌の見出しを眺めていると「預金封鎖」や「財政破綻」などの文字が目に付くような気がします。 これはおそらく新型コロナ禍を契機として起こった給付金や助成金などの手当ての資金が国債の増発によって賄われる …

続きを読む

山の辺の道散策

7月12日、猛威を振るう梅雨の豪雨の間を縫って、FP友達4人で山の辺の道を歩いてきました。 近鉄大阪線桜井駅からJR線天理駅までの約17キロ(?)を、ただ歩くだけです。(笑) 当日は曇り予想でしたが、気温も高くなく、風も …

続きを読む

高在老についての質問

7月11日、大阪で大江英樹さんの「間違いだらけの公的年金知識」セミナーに参加しました。久しぶりにリアルセミナーに参加しましたが、定員限定とマスクなど感染症対策に留意しながらも、参加者のなかでしばらく会っていなかった人を何 …

続きを読む

老後の健康チェック

健康情報が氾濫している中で、自分なりの健康法を見つけることは重要です。 でもそれはなかなか難しい。 自分の体は自分が一番よく知っている・・と思っていても、人間ドックの結果を見れば 尿酸値、血糖値、中性脂肪、そのほか諸々の …

続きを読む

老後のお金のトリセツ

大学を卒業して社会人になった最初の勤務場所でお世話になった方が亡くなりました。 66歳です。 その方は、将来を嘱望された方でした。 その方は、銀行では本流の融資の研修を受けて、主要な現場で実務を経験し、強い権限を持つ人事 …

続きを読む